FC2ブログ
Onion Union - たまねぎ組合のブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第二次成長期

添え木なんて、無視して、ウネウネとのたうち回って育っているジューンベリーです。
夏が来て成長が止まったかな?と思えたジューンベリーですが、ここに来て枝をニョキニョキと伸ばし始めました。
先っぽに、幼葉の蕾を2個付けたとおもったら、片方の蕾が生長して、写真のようになっています。もう一方の方は、まだ蕾のまんまですが、片方の成長が止まったら、変わりばんこで伸びるのかな?
我が組合のジューンベリーは一本のヒョロヒョロ苗から先が二股に分かれる(?)第二次成長期にきたのかも?!


juneberry_southd_4


スポンサーサイト

テーマ:果樹 - ジャンル:趣味・実用

食べ時、熟れ時

蓬莱柿(たぶん)が、そろそろ食べ時、熟れ時になってきました。
この暑さで、ちょっと水を上げるのをサボったら、水枯れで実がポトポトと落ちてしまい、2個だけになってしまいました。


ichijiku_9


お尻が割れてきていますが、熟れ時は、もうちょっと実が紫っぽくなってから。
今日の時点で、さらに割れてきました。虫に食べられないといいんだけど、アリンコは目ざといから、少し齧られてしまうでしょう。


もう一方のイチジク「ロードス」は、これまた水枯れで、すべての実が落下してしまいました。
手遅れですが、でっかい鉢を買ってきて、鉢増しをしました。

イチジクの土は、果樹用の土としてホームセンターに売っている物をつかってきましたが、今回は、これに赤玉土を半分くらいの割合で混ぜました。赤玉土は最初は通気性と保水性があるのです。ただ、そのうちに玉が崩れて粘土質の赤土になるので、あまり混ぜないほうがいいとおもうのですが、粘土質な分、保水性があるだろうと思って混ぜています。
鉢植え果樹は、水分が蒸発しやすい、暑さで鉢の中が蒸れ易いと悪条件。
手探り状態ですが、がんばっていきますよ。


テーマ:果樹 - ジャンル:趣味・実用

やっぱり、豆だね。

おじぎ草に、種が出来ました。
おじぎ草は、こうみえてもマメ科の植物。
ごらんの通り、枝豆みたいに種が鞘に入っています。


ojigisou_2下のピンクの綿玉が花で、その後に枝豆のような鞘が複数なりました。


ojigisouおじぎ草の花


この前買った、Finepix F31fd で、おじぎ草の種を接写したんだけど、この機種はマクロ(接写)が苦手のようです。夜間撮影や人物を撮るにはいいけど、接写が多い場合は、この機種は向かないみたい。1cm まで寄れる接写の得意な RICOH Caplio GX100 が欲しくなっちゃった。


テーマ:サボテン・多肉植物・観葉植物 - ジャンル:趣味・実用

Finepix F31Fd

ここのブログの写真は、いままで Nikon Coolpix 3700 という、300万画素のデジカメで撮ってきました。いまとなっては、300万画素なんて、自分の使っている携帯電話のカメラと同じです。
暗い場所で、このデジカメを使うと、ノイズがいっぱいで、ちょっと泣けてくることが多かったので、暗い場所で撮っても、オッケ~なデジカメを買いました。Fujifilm の Finepix F31fd という、1年半くらい前の機種です。値段も2万円前半とお安くなっていたので、買っちゃいました。


coolpix3700Nikon Coolpix 3700 今まで、ありがと~っ!!


finepix_f31fdFujifilm Finepix F31fd これからよろしくっ!!


デザインは、ズングリムックリとしていてイマイチですが、
ここの記事を見ると、暗い処でも、オッケ~なデジカメっぽいです。
これからまた新しい機種がいっぱい出てくると思いますが、
オートでパチパチと手軽にきれいに写せて、値段も手ごろなちょっと古い機種がお得かも。


で、Coolpix 3700 は、捨てるのも勿体無いので、親にあげることにしました。
古い携帯のカメラで、猫を撮っているよりは、いいかも。





テーマ:デジタルカメラ - ジャンル:趣味・実用

ピンクの綿球

ピンクの綿球みたいな花の「おじぎ草」です。
ホームセンターに行ったら、苗がうっていたので2鉢かってきて、プランターに植えました。
ようやく花をつけたので、写真をとりました。

ご存知のように、おじぎ草は、葉っぱを触ると葉っぱを閉じていきます。そして夕方になると、合歓の木と同じように葉っぱを閉じます。葉っぱだけでなく、葉っぱと軸の付け根あたりに、ちいさな膨らみみたいのがあって、水遣りの時にヤカンで水を上から掛けたりすると、葉っぱ全体が、ちいさな膨らみの所からお辞儀をしたように下がります。


ojigisou


ブラジル産なんで、日本の冬は寒くて越せないようで、本当は多年草なのに、日本では一年草扱いです。


なんか、タイでは、「水おじぎ草」というのがあって食材になっているけど。。。
マメ科の植物だから、食べられるのですかね?



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。