FC2ブログ
Onion Union - たまねぎ組合のブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだ収穫出来ます。

黄色のラズベリーのファールゴールドは、赤色ラズベリーのインディアンサマーの1季目の収穫が終わったのに、次々に実を実らせてくれます。
組合員2号は、赤より黄色のほうが甘くて美味しいといっています。


収穫量からいったら、2季成りのインディアンサマーよりも、収穫出来る期間の長いファールゴールドかも。


raspberry_yellow_1


写真はないですが、本日、イチジクにカミキリ虫が止まっていました。
”おぉ~~、イチジクの害虫のカミキリ虫だぁ~。本当にイチジクにいるぞ~”などと変な感動をしてました。

指で摘んだときに、キーキーと鳴くんですが、この住宅街に珍しい虫なのになぁと思いつつも、壁に押し付けて圧殺しました。


スポンサーサイト

テーマ:果樹 - ジャンル:趣味・実用

イチジク達の様子

ブルーベリーに続いて、イチジク達の様子です。
枝の真ん中に生えてる葉芽を摘心した後ですが、ごらんの通り実を付け始めました。
摘心をすると棒苗の脇の節から、葉芽をだして葉っぱが多くなりました。
イチジクは実を付け始めると、あまり葉っぱや新芽を出さなくなるようです。


蓬莱柿は、ちょっと実が多すぎのような感じもしています。
摘果しないとだめかな?

ichijiku_8たぶん蓬莱柿

ichijiku_loados_4ロードス


いまのところ、カミキリ虫等の害虫被害もあわず、順調に成長しています。
イチジクは根っこの成長がすごいようで、もう最初に植えた鉢では窮屈そうです。
蓬莱柿は先月に一回り大きい鉢に植え替えをしました。
ロードスは水を上げると、すぐに鉢の下から水が落ちてくるので、鉢の中は根っこばっかりで土の保水力もないようなので、植え替えをしないと駄目そうです。


テーマ:果樹 - ジャンル:趣味・実用

ブルーベリー達の様子

ちょこちょこと新芽を伸ばしているブルーベリー達ですが、ミノウエレガントとパウダーブルーは、どうもクロロシスっぽい感じになっています。
ブルーベリーが必要な微量元素を含む肥料を鉢に埋めてみました。
土はブルーベリー用のなので、酸性度が落ちていると思っていません。
葉っぱの成長に養分補給が追いついてないように思えます。


パウダーブルーの葉は他のブルーベリー(ティフブルー、ウッタード、ブライトウェルだけですが)よりも、薄い色です。緑というか、明るい黄緑系です。


blueberry_minou-elegant_2ミノウエレガント

blueberry_powderblue_2パウダーブルー

blueberry_woodard_3ウッタード


ウッタードは1粒だけ、大きくなっています。
完熟するとすごく美味しいらしいですが、完熟の見極め方がわかりません。
軸の付け根の輪(リング)が、紫になって、軸も紫がかってくると完熟なのかな?


テーマ:果樹 - ジャンル:趣味・実用

ちょっと早いけど

今日、白桃を摘み取りました。
雨が治まった後、実をつけた白桃が駄目になっていないかと様子をみると、アリンコが桃に噛り付いていました。
よ~っく見ると、枝が桃の実に食い込んで、皮が裂けています。
アリンコが裂けた皮から果肉に噛り付いていたのです。
7月後半や8月前半まで、じっくりと熟させて頂こうとおもっていたですが、皮が裂けてしまったあとは、腐ったりするので、ちょっと早めですが、摘み取りました。

momo_hakutou_9


momo_hakutou_10枝に食い込んで裂けた桃。この後、胃袋に収まりました。


momo_hakutou_11


種の周りの果肉は、少し固くて酸味がのこっていましたが、組合員2号とともに、美味しく食べました。


テーマ:果樹 - ジャンル:趣味・実用

伸びてます。

桃の葉は害虫にかじられていますが、ブルーベリーは全くと言って良いほど、害虫と無縁です。
順調に新芽やシュートを伸ばしています。成長著しいのが、ティフブルーです。


blueberry_tifblue_3伸びまくっているティフブルーのシュート


70~80センチ位のシュートを2本伸ばしています。
イチジクやラズベリーは新芽の摘心を行いましたが、ブルベリーは放置して伸ばし放題にしています。
摘心をおこなって、脇に枝を成長させたほうが良いとか、伸ばし放題がいいだとか、ネットを徘徊しましたが、これといったものがないので、放置となりました。まぁ、そのうち横枝をのばしてくれるでしょう。



テーマ:果樹 - ジャンル:趣味・実用

何これは?

ごぶさたしております。ここ最近は、脳みその保養にと、ダビンチ展とモネ展に行って参りました。


ダビンチ展の目玉は、「受胎告知」だったわけですが、これ以外は、ダビンチの絵はなくて、発明品の説明ビデオを流すという、美術展ではなく、博物展のような内容でした。


モネ展は、いろんな国の美術館からモネを掻き集めて展示をしていました。
日本の美術館からの出展も多く、日本人は、モネが好きなのねぇ~と。


で、果樹の話ですが、週末になると格闘していたのが、白桃でした。


momo_hakutou_8


こんな感じに、葉っぱの裏から透けるようにチョビチョビと齧られています。
葉の裏を見ると、葉の軸の影に隠れるように、5ミリ位のイモムシがいるのです。
一枚一枚、葉っぱをひっくり返しては、イモムシを見つけ次第、指で潰していきます。
蛾かなにかの幼虫だと思うのですが、数が多いので面倒でした。


すぐ横に、白鳳の木があるのに、白鳳には虫食いがなく、白桃だけです。
虫にも、好みがあるのでしょうかね?


テーマ:果樹 - ジャンル:趣味・実用


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。